「どうして?外部研修はこんなにも 高額 なのか?』

 

不思議に思ったことがありませんか?

 

  • なぜ、研修に参加させても効果が思ったより効果が出ないのか?
  • なぜ、 即戦力を期待した人材が使い物にならないのか?

最大の理由は、外部コンサルタントはどこまでいっても「部外者-赤字-」だからです。

雇用関係にない「プロである」メリットがある一方で、社内文化を育むという点では限界があります。

経営力を高めるために最も重視すべきは、『社員』です。

 

10年以上、研修会社を経営してきて、心底思うことがあります。 『研修講師』として社員を教育すれば、プロ講師以上に効果的なトレーニングができるのではないか、と。 もしあなたの会社で外部コンサルや集合研修への派遣を考えているなら内省化できれば、「低コスト」と「高効果」を実現できるかもしれません。

 

それでも、「高コスト」をかけてでも、
外部に依頼しなければならない”避けられない”理由

 

どうして、高いコストをかけて、しかも効果の見えない取り組みを続けないといけないのか?

 

それは「教える機能」が社内にないことが最大の理由です。  

教育や育成というミッションはどんな時代のどんな組織にもあります。そこには、「教える人」と「教わる人」が存在します。そして教える人のスキルによって大きくその成果が変わるとすれば、トレーナースキルの育成・強化は、組織や個人の死活問題とも言えます。

  • ・営業商談での商品紹介
  • ・中途採用者に対する社内ルールのレクチャー
  • ・社内会議での企画説明
  • ・所属チームでの意見表明
  • ・接客時の日常会話
  • ・友人同士の世間話
  • ・会社での指示や命令
  • ・1日の業務報告、日報作成  

など すべてに共通することは、

「教える(伝える)」という要素です。 商品やサービスの開発には注力していても、「教える」という特殊技能について手を打っている組織や個人は皆無です。

 

想像してみてください。 商品やサービス、市場環境や競合情報などを把握していて、日常的にお客様の声を現場で聞いている社員自らが企画運営する研修がどれだけ効果的になると思いますか?受ける側にしても、現実を知っていて、実態に即した内容であれば、第三者の社外講師から何か言われるよりもずっと受け入れやすくなります。

 

お申込みはこちら

 

「約70%が学ばない」という現実

 

 

リクルートワークス研究所「全国就業実態パネル調査2018」によれば、昨年1年間に、自分の意志で、仕事にかかわる知識や技術の向上のための取り組みをした人は、33.1%だそうです。

つまり7割弱の人が学ぶ機会を持たなかった、ということです。

文部科学省の調査では、2018年の大学進学率は、57.9%。就職後には学ぶ時間が取れなくても、「学生」として十分な教育を受けていれば問題はないのではないか、とも考えられます。

しかし、「学歴=戦力」でないことは、多くの経営者が気づいていることです。大学までの「学び」が基礎体力作りなら、チームワークや役割分担、戦力としてカウントするための「試合力」を身につけるのは、就業してから、ということになります。そのままにしておくと、7割近くの人は勉強しないことになります。

学びの場を提供することは、企業としての必要条件です。 つまり、どんな会社でも教育や育成から目を背けるわけにはいきません。

しかし、「人を育てる仕組み」を社内に持っている企業は皆無です。

 

だから外部講師や公開開催の研修に参加させる会社が後を絶ちません。それも悪いとは言いませんが、業界も業種も商品もサービスも違う受講生を一度に相手にできるとは、10年以上研修の企画運営をしてきた私たちでも難易度はかなり高いと言わざるを得ません。よほど優秀な講師の方が担当するのでしょうか。 そして、結果も出ないので、その後のフォローも、結局は話が上手かったり、外交的な性格の従業員に任せきりになっていることが多くあります。

 

単なる「話し方」と「教える」ことは違います。

話が上手い人がそのまま教えるのが上手い人にはなりません。

 

どうして?こんなにも高評価なアンケートが続くのか?

〜ある研修会場にて/事例紹介〜

 

 2月のある日、ある会社のマネジャーは名古屋にいました。

 彼の仕事は、社員教育。社内のチームで年間を通じて様々なカリキュラムを企画運営していました。受講生も講師も原則として社員が行い、業務を行う上で必要なスキルを育成するのが彼のミッションです。  

 彼らのチームが企画するカリキュラムは、一般的な業務知識はもとより、営業商談や社内システムの使い方など多岐にわたっていました。何人もの社内講師が全国の会場で研修を行っていました。今回の出張の目的も、表向きはそのチームで企画した研修のオブザーブでした。

 研修実施後に講師の評価を左右するのは「受講生アンケート」です。その研修が役に立ったのか、得るものがあったのか、わかりやすかったか、などの項目がありました。すでに何回も実施しているカリキュラムもあり、なかには辛辣な内容のものも多くありました

 実は今回のオブザーブの目的の本当のところは、このカリキュラムだけ、他の研修に比べて満足度が高く、異常とも言える高評価を得ていることもありました。さらに、そのカリキュラムだけ外部講師で、対象は最前線でお客様の矢面に立つ営業職。高評価になる要素は見当たりません。あってはならないことですが、講師が研修中にアンケートで高評価するように言っているのではないか、という疑いもありました。そうでなければ説明がつかないほど、高評価だったのです。

講師業は「専門職」です。ごく一部のスキルが優れていても、どこか少しでも不足点があるとすべて無駄になってしまいます。また、どんなに相手のことを思っても、評価は厳しくなるものです。彼は厳しい評価はある程度は仕方のないことだとあきらめていました。

しかし、そのあきらめはその研修で払拭されることになりました。

 

= 研修の実際 = 評価の差が生じる理由

 

 社内でも社外でも、会議でも日常業務の中の指示や命令でも、同じ内容なのに伝わる場合と伝わらない場合とがあります。一度教えたこともなんども繰り返して間違う場合や、研修が「良い話聞いた」で終わるような場合、指導されている側の問題ではなく、指導している側に問題があることがよくあります。

 

「どうしてこのような差が生じるのだろう」と思ったことはありませんか?

 

多くの会社や組織、個人事業主にいたるまで、商品やサービスの開発に躍起になっています。あなたもそうではありませんか?良いものを作れば売れる、という神話は崩れました。同じものでも、伝え方や売り方で結果は大きく変わるものというのは、私たちがこの10年で身にしみて実感しています。

実際のところ、商品やサービス開発に力を入れるのと同じように、組織の中に「教える力」を育てることに注力すべきでした。生まれつきの知性や才能、努力が常にその要因とは限りません。優秀な指導者とそうではない指導者との間で取り組みの姿勢に違いがあるわけでもありません。逆に真面目で一生懸命な人に限って、うまくいかないと悩んでいることも多いようです。

 

 その違いは、「何を知っていて、その知識をどのように活用するかにある」のです。

  それが、この「トレーズトレーニングプログラム」のお知らせをあなたに届けている理由です。

 

 トレーナーというと大仰に聞こえますが、社外になれば「営業活動」になり、社内なら「社員教育」です。会議で提案することや日常の指示や命令にも応用できます。今まで個人的・組織的に蓄積してきた叡智を次代に伝え残していくための必須スキルです。

 

「トレーナースキル」があるメンバーがいれば…

 

 今後、組織や会社として取り組むべき課題が見つかる。
  
育成のためには現状把握が欠かせません。一見すると順調に見える組織も、内在的な問題や課題に気づくことができます。

 ワークフローやマニュアルができる。
  教育用のテキストの作り方を通じてわかりやすいマニュアルや人によるムラが生じないワークフローを作ることができます。

 コンサルティングを新しいサービスとして提供できる。
  御社で扱うサービスに、「コンサルティング」「教育」業務を追加できます。社外へのサービス提供ができるレベルです。

 中途採用、新卒採用から即戦力になる人が増える。
  個人の資格や経験と会社独自の環境やワークフローを効果的に結びつけ、短期間で戦力になる人材を仕上げられます。

 社内会議が活発になる。
  多くの従業員は自分の意見はありながら「話し方」がわからずにいます。伝え方、聞き方方のスキルを使うことができます。

 従業員満足(ES)が向上する。
  定期的なスキルアップに会社が関わってくれることで、従業員満足度を向上させることができます。

 

この講座では、「プロのコンサルタント」として必要なスキルを身につけます。

トレーナースキルは発信をするスキルだけではありません。現状分析や勇気付け、育成計画なども含めた総合力です。私たちが10年以上営業コンサルティングの現場で積み上げてきたノウハウをご提供します。

 

「自信」があるから「お約束」します。

〜 屁理屈なし 問答無用の事後フォロー 〜

 

講座を受けても、「良い話聞いた」でなにもかわらないのでは意味がありません。私たちも今までの研修で体躯さん経験してきました。そこで、今回のお申し込みに限り、以下のフォロー特典をおつけします。ただその場限りでは終わらない、効果が出るまで責任を持ってお付き合いします。

 

【保証1】 オリジナルテキスト・講師用プレゼン 無料添削
   研修終了後に作成した社内テキストや講師用のプレゼンを添削、コメント、アドバイスします。

【保証2】 電話・メールフォロー 1年間 回数無制限
   
実際にやってみての予想外の状況への対応策などなんでもご相談ください。

【保証3】 研修オブザーブ&評価シート(フィードバック・アドバイス)2回まで

   実際に実施している研修やセミナーをプロの講師が聴講し、フィードバックします。

 

 

トレーナー養成講座 開催概要

〜 プロコンサルタント内省化プロジェクト 〜

 

開催日程5月中旬(隔週実施/全6回・3ヶ月) お申し込み確定後にご連絡いたします。

開催場所山手線沿線(23区内) お申し込み確定後にご連絡いたします。

定 員 名/回

参加費用462,900円/人(税抜) 2名でお申し込みの場合、2人目半額

お支払い銀行振込またはクレジットPaypal

 

よくあるご質問

 

Q  人前で話すことが苦手です。性格も内向的だと思うのですが…
 
ぜひご参加ください。苦手意識には原因があり、それは簡単に克服できる方法があります。

 

Q  イチ従業員で、経営者でも事業主でもないのですが、参加できますか?

 課題意識・成長意欲のある方なら誰でもご参加いただけます。

 ただ、ご自分の業務にプラスになることですので、会社に打診してみてください。

 議書などもご用意がありますのでお問い合わせください。

 

Q  公開セミナーを実施しています。営業的なセミナーなどにも活用できますか?

日間の研修企画も数時間のセミナー企画も本質的にすべきことは変わりません。

見込み客獲得のチャネルを増やすことができます。

 

Q  直接、教育や育成に関わることはありませんが、受講する意味はありますか?

直接育成に拘らなくても評価基準や課題抽出、優先順位づけなど、仕事をする上で必要なことを学べます。

 

Q  すでに外部講師の研修やコンサルタントに関わってもらっています。社内教育体制もできているのですが?

現在の取り組み内容の振り返りや検証のために受講されるケースもあります。

かけているだけのコストに見合っているのか、十分な成果が出ているかを確認することができます。

 

Q  独立して事業を行なっていても参加できますか?

原則としてご参加いただけますが、一部、同業者様に関してはご参加をお断りすることがあります。

懸念がある場合には、事前にご質問ください。

 

 

 

月額500,000円以上いただいて実施しているコンサルティングを

社内機能として作り込もうというご提案です。

 

 

さらに効果を高めるために

 

教育や育成にはそれだけの時間と経験が必要です。継続して取り組むことができるように、参加者のモチベーションを維持し続けるための以下の特典をご用意します。

 

【特典1】 受講生facebookグループ(非公開)への参加

   研修終了後にも受講生同士で連絡を取り合っていただくことが可能です(参加任意)

【特典2】 トレーナーグラフィック(図示レクチャー)研究会への参加
   
効果的なレクチャーのためのさまざまなグラフッィク手法の研究会です。

 

 教育や育成というミッションはどんな時代のどんな組織にもあります。そこには、「教える人」と「教わる人」が存在します。そして教える人のスキルによって大きくその成果が変わるとすれば、トレーナースキルの育成・強化は、組織や個人の死活問題とも言えます。

  • 営業商談での商品紹介
  • 中途採用者に対するレクチャー
  • 社内会議での企画説明
  • 所属チームでの意見表明
  • 接客時の日常会話
  • 友人同士の世間話
  • 会社での指示や命令  など

すべてに「教える」「伝える」「納得してもらう」という要素が含まれます。そしてこれらの状況はどんな時代になっても変わらず存在し続けます。

“All ways Away”で鍛えられたこと

 

この講座で扱うトレーナースキルは、私たちが10年以上営業コンサルティングの現場で積み上げてきました。

 

想像してみてください。

 

成果が上がっていようがいまいが、日々の営業活動を一生懸命取り組んでいる営業職の人たちが相手の研修です。YESよりもNOの数が圧倒的に多い営業の世界で、日々、真剣に一生懸命取り組んでいるのに、そこにいきなりやってきた講師が、「営業のやり方を教えましょう」といくわけです。

 

受講生にとってみれば、面白いわけはありません。はじめから参加姿勢に問題が生じやすい状況の中で、研修を実施しなければなりません。講師の中では”Allways Away”(いつでもアウェー戦)と言っています。

 

価値あることを話しに行っていても、受け手側にその準備ができていない中で、一定以上の成果を上げるには、それだけのスキルとノウハウが必要になります。しかも、研修効果があったかどうかはその後の参加者の成績で一目瞭然。言い訳の入る余地がありません。その中で培われたノウハウを、出し惜しみなく詰め込んだプログラムです。

 

このプログラムに登場するノウハウは、ともすると、モノの本やあなたが今まで見聞きしてきたことと逆のことを示しているかもしれません。多くの本やハウツーは前向きで素直で成長意欲にあふれる素晴らしい受講生を前提としています。そんな受講生ばかりなら、トレーナーもどれだけ楽かしれません。相手によって効果が異なるのでは、ホンモノのスキルとは言えません。

 

「いつでも」「どこでも」「だれにでも」自分の意図していることを誤解なく伝えることができる力があれば、仕事や業務の幅は大きく広がります。

 

↓↓↓↓  お申し込みはこちら ↓↓↓↓