いざという時に本当に必要とされる人材になるために

10年間で7,000人以上の営業を再生した営業研修の最新アップデート版

今まで法人契約のみで実施してきた内容を初公開

『営業スキル開発講座』

お申し込みはこちら

 

「決まる」と思っていたのに、理由もわからず失注した経験はありませんか?

  • 商品やサービスの良いところをわかってもらえれば売れるはず。
  • 『検討します』って言われて次に繋がったし見込みはあるはず。
  • 筋道立てて説得して質問もなかったから納得してもらえたはず。

営業会議の見込み報告などでよく聞くセリフですが、多くの場合、失注しています。何かをサボった訳でもなく一生懸命頑張っているのに…

一見うまくいっているように見える商談で、何がいけなかったのかわかりますか?

 

もし、あなたの営業としての売上がしばらく頭打ち、それどころか少しでも油断すると売上が下がってしまうので頑張り続けて、常に必死。そして、そんな状況をなんとかしたいと思っているなら、この講座はあなたの営業スタイルを根本から変える一助になるかも知れません。

 

良いものを作れば売れるという幻想

 

営業とは面白いもので年功序列に成績が良いようなものでもありません。

営業経験はなくても、がむしゃらに取り組んで売上を伸ばすなんてことはよくあります。テレビゲームのように、その人の営業レベルが数字でわかれば苦労はしないのですが…。

 

そこで、多くの会社は、目に見える商品やサービスをいかに素晴らしくするか?

という所に意識がいってしまいます。

『良いものを作れば売れるはず』 これは、ほとんどの社長、起業家が失敗する原因の最大のものです。

自分の商品の事ばかり考えています。売上が下がり始めたほとんどの営業は、この問題を企画力や経験値、競合対策が足りてないのが原因と考えます。

 

ですので、新しい商品を作ったり、新規顧客の獲得に力を入れたり、値引きキャンペーンなどを企画して横ばいになった売上をなんとか伸ばそうとします。 そして、顧客や見込み客からどんどん離れていきます。「知ってさえもらえれば、いい商品だから買ってもらえるんです」というような言葉を聞いた事ないですか?

これは、商品中心思考の現れで危険です。

 

「手に職」の新時代到来

 

左のグラフは、

『将来的にAIに代替されないであろう職種』

を現役コンサルタントに調査した結果です。

(2017エンジャパン調べ)

例えば、翻訳システムの発展で見ると、2025年にはビジネス英語も85%はカバーできる見通しであり、英語力が高いだけでは到底生き残れない時代がやってきます。

 

『手に職』を目指して所得した資格もその多くは意味をなさなくなります。  

簿記やWeb関連、情報処理技術者や、TOEIC®テストなども同様です。 

「営業職」には資格認定などはありませんが、簿記や情報処理のような専門職の一つであると言えます。

簿記ができる、英語が話せる、と同じように「営業ができる」というのも手に職をつけることのひとつになりつつあります。

必要とされているのは売るスキル

 

日本中には420万社近くの会社があり、それぞれの会社が何十個、何百個、何千個もの商品を日々、開発して売り続けています。これは、日本国内だけで見ても、天文学的な数字の商品が売られていることを意味しています。しかし、その中で売れ続けているのはほんの一握りです。

インターネットがどんなに進歩し、何でも手に入るようになっても、人はやはり人からものを買いたいもの。 人から提案をうけ、人の意見を聞き、人の関わりの中で、正しい判断をすることのお手伝いをすることが営業の価値だと思うのです。

 

そのためには、

  • 第一印象をコントロールし初期関係構築するスキル(アプローチ)
  • ストレスなくなんでも話せて本音を引き出すスキル(ヒアリング)
  • 相手を否定することなく方向性を示すスキル(プレゼンテーション)
  • 弱気になる相手の心情を理解し決断を促すスキル(クロージング)

などのスキルを磨く必要があります。

 

このように、「営業」は『総合力』です。一部が優れていてもどこか不足していることがあれば全てが無駄になります。

営業を専門職として考えると、体系的に総合力を身につけていく必要があります。

= 営業力 = を身につけたら

 

営業は総合力です。スキルを社外に対して発揮すれば営業力であり、社内で発揮すれば仕事力になります。

仕事を遂行するスキルを、「社外の厳しい基準」に耐えうるレベルで育成するのがこの研修です。

仕事の中では様々な側面のスキルが必要になります。さらに営業視点で考えると、多面的なスキルを社外(お客様)の厳しい基準で評価されます。そこには妥協などはなく、生身の力で勝負することになります。

高い要求レベルで総合的な力をつけることができるのが、この営業という職種です。

 

営業のスキルアップには様々な波及効果があります。あなたの周りでも、営業成績が良い先輩や同僚は、日常的な業務でも頼りになる存在ではないでしょうか。

  • 社内会議でのプレゼンテーション
  • 客観的事実からの問題提起
  • 端的にまとまった伝わりやすい意見発表
  • わかりやすくポイントをおさえた報告
  • 周りを巻き込むリーダーシップ

    成功している企業経営者の多くは過去に営業を経験しています。営業は最も経営に近く、会社経営に深く関わっていることの証です。

 

「できる営業」がしているたったひとつのこと

 

それはシナリオを作ることです。そしてそのシナリオを滞りなく再現するためのスキルを磨きます。

そのシナリオは人間心理の本質に基づいて、「どうすれば無理なく相手の「欲しい」という感情を引き出す流れを作れるか?」という研究の上で、成り立っているスキルです。 そして、その人間心理である「欲しい」という感情や欲求は昔から現代まで根本的な変化はありません。

 

ですので、本当に営業に長けている人は、『売り込まない』し、『頼まない』し、『説得しない』のです。『説明すらしない』営業スタイルがあなたには想像できますか?

 

最近では、ホームページやブログ、インスタなどから情報を集める人が増えていますが、意思決定の時には人と相談したいものです。本当の営業とは、頼み込んだり説得したりするものではありません。無理のない会話の中で自然といつも間にか「買うことが当たり前」の状態に持っていくシナリオを作ります。

 

”できる営業”と言われる人は、このシナリオを複数パターン持っているのです。

「営業に説明は不要」

話すのが苦手でもトップになれるカラクリ

 

「営業」というと、ひょっとすると難しく感じてしまうかもしれません。

社交的で、積極的で、話し上手で、元気で、バイタリティがあって・・・と、ともすると性格的なものが大きく影響して、「自分には向いていない」と思っている人も多いかもしれません。

 

でも実際は、「話すことが苦手」「人前で緊張する」でも問題ありません。もちろん商品やサービスを説明する場面はありますが、基本的に「聞くこと」を優先します。話すことよりも、質問項目を用意して、それを組み合わせて無理のない流れを作るだけです。事実、口下手で、話すことが苦手な人がトップセールス、なんて話はよくあります。

 

さらに、あなたの売り上げはあっという間に3倍にできる可能性があります。シナリオができれば、自分がどこでつまづくのかがわかり、ちょっとやり方を変えるだけで売り上げ3倍はすぐに見えてきます。そこには数字の魔法のようなカラクリがあるのですが…。

想像してみてください。

あなたの売り上げが突然、いまの3倍になった時の上司の驚く顔を。わくわくしてきませんか?

私たちも、営業支援の際に実績の3倍までは結構簡単にコミットします。それは、そこまでは妥当な設定として考えているからです。

あなたには『きっかけ』が必要です。

 

営業スキルを身につければ、

自分が営業として担当する数字を確実にクリアできるようになります(例えば今のやり方を抜本的に変えることで最大で3倍の売り上げまで見込めるようになります)。 さらに新商品やサービス、新業界がラインナップに加わっても慌てることがなくなります(セールスの基本である顧客心理はどこに行っても変わりません)。

 

このスキルはいつでもどこでも通用します。なので、食いっぱぐれることはありません(資格の価値は時代で変化しますが、人間の心理に基づいたセールススキルの本質は変わりません)。

そして・・・ 今までよりも短時間で目標達成できるので、自由な時間が増え、心の余裕が生まれます。

しかし、なかなか思い通りにはいかないと、あなたは思うかもしれません。

正直な話、これまでの10年間で成功したことばかりではありませんでした。2割は、劇的な成果向上が見られ、「今までではあり得ない」数字を叩き出しました。6割はそこまでいかないながらも、過去の売り上げレコード更新、そして2割は、多少売り上げは向上したものの、劇的変化とまではいきませんでした。これが正直な数字です。

 

実は私も、独立する前はある中小企業のサラリーマンで営業をしていました。とても厳しい会社で、営業のイロハを叩き込まれました。20代だった私は、営業の基本として

  • ヒアリングが大事
  • 第一印象が大事
  • 表情は明るく
  • 数字や固有名詞を抑えろ
  • 訪問後には全て手書きのお礼状を出せ
  • 説明は結論から
  • 自信を持って言い切れ

現代なら間違いなくパワハラと言われる(笑)ような、罵倒とげんこつの中で指導を受けていました。それでもなかなか売れずに苦しんでいました…

そんな私も、ある社長との出会いがその後の人生を大きく変えました。

その社長は言いました。

『営業はハシゴみたいなもの。流れを飛ばすことはできないんだ。一歩一歩、相手の問題を解決するために肩を組んで共に歩みを進めるんだ』

それまでの私は、一つ一つの行動を行うことに必死で、全く全体が見えていませんでした。流れを作る、営業の世界ではこれをシナリオメイク、ストーリーメイクというらしいことを聞いたのはずっと後になってからでした。もともと、商談の各場面ですべきことと注意点は、自社の社長から指導を受けていました。それが商談の流れとしてかみ合うようになったことで、売り上げは飛躍的に伸びることになりました。

あなたにも、そんな”きっかけ”が必要なのです。

 

営業スキル開発講座 開催概要

〜 3ヶ月トップセールス養成計画 〜

開催日程:6月上旬開始(隔週/全6回/3ヶ月間) 

*お申し込み確定後にご連絡いたします。 *14:00 〜 18:00 の実施となります。

*参加者限定の動画視聴サービス付き(休んでも内容確認できます。復習にも活用可)

開催場所山手線沿線(23区内) お申し込み確定後にご連絡いたします。

定 員 3ヶ月コース:10名  短期コース:10名

参加費用150,000円/人(税抜) 2名でお申し込みの場合、3人目無料

お支払い銀行振込またはクレジットPaypal

 

自信があるからお約束できます。

〜 成果を確実にするために 屁理屈なしの事後フォロー 〜

 

講座を受けても、「良い話聞いた」でなにもかわらないのでは意味がありません。

そこで、今回のお申し込みに限り、以下のフォロー特典をおつけします。ただその場限りでは終わらない、効果が出るまで責任を持ってお付き合いします。

 

【約束1】 ベネフィットワーク 無料添削
   セールスシナリオ構築の軸となるベネフィットワークを添削、コメント、アドバイスします。

【約束2】 電話・メールフォロー 3ヶ月間 

   実際にやってみての予想外の状況への対応策などなんでもご相談ください。

【約束3】 提案書簡易添削

   実際に使用している提案書やリードオフの添削とアドバイスをします。

 

よくあるご質問

 

Q  人前で話すことが苦手です。性格も内向的だと思うのですが…
人前で話す自信がない人ほどぜひご参加ください。
営業には向き不向きはありません。内向的な性格であれば、性格そのまま、ありのままで営業力を伸ばすことができます。

 

Q  新人で営業のことも仕事のこともほとんどわかりませんが参加できますか?

成長意欲のある方なら誰でもご参加いただけます。ビジネスマナーや社会人(営業)としての考え方なども扱います。『営業として社外の厳しい基準』に耐えられるレベルを求めますので、一般的なマナー研修お以上のものが身につきます。

 

Q  今まで技術系でお客様と話したことがありません。今後はお客様先にもいくことになるようで、不安です。

 最近はセールスエンジニアのように、営業と技術の兼務になることが多いようです。

 技術的な知識がある分、話しすぎになることが考えられるので「聞く営業」スタイルを身につけるべきです!

 

Q  直接、営業することはありませんが、受講する意味はありますか?

直接営業にに関わらなくても、意味はあります。対象が社外か、社内かの違いだけで行動は変わりません。

社外であれば営業提案、社内なら稟議、社外なら商談で、社内なら報告になるでしょう。ご自身の状況に合わせて指導します。

 

10年間で7,000人以上の営業を再生し、

法人契約のみでしか聞けなかった、

『営業生産性向上研修』の最新アップデート版です。

 

 会社が、仕事がどんな状況になっても、仕事を続けられるか、考えたことはありますか?

 会社が、仕事がどんな状況になっても、最後まで残って欲しい人を、考えたことはありますか?

 会社が、仕事がどんな状況になっても、最後まで取引していたいお客様を、考えたことはありますか?

 

 それらの相手に共通しているのは、仮に仕事がなくなって、取引が終わっても、プライベートでも付き合いたいと思えることです。そこには、会うたびに新たな発見があり、勇気付けられるものです。どんなに本を読んで勉強しても、どんなに経験を積んでも、どんなに知識があっても、それを活かす場面がなければ何の意味もありません。

 

 チョコレートでいえば、商品開発はパッケージ化、コンテンツ開発はチョコレートの味を決めるといった感じです。あなたの生活を振り返ってみてください。誰にも真似のできない美味しいチョコレートをつくって、きれいな包装で、店頭に並べていて、食べてもらえばすごいということはわかってもらえる。でも、値段もかかずに店先に並べているので、誰もその価値に気づいていない、ということになります。

 

 あなたの会社には価値がある。世間様から必要とされている。

 

 でも、アウトプットするすべがない、ノウハウがないために、周りに気づかれていないとすれば、こんなもったいないことはありません。あなたの会社の本当の価値をわかってもらえれば、どんな状況下でも必要とされ、求められる会社になることができます。「あなたに出会えてよかった」そう言ってもらえる人や会社が増えていきます。

 

↓↓↓↓↓ お申し込みはこちら ↓↓↓↓↓↓